メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2020に懸ける

「環境変える必要あった」 INAC神戸・田中美南が語ったライバルチームへの移籍

INAC神戸に電撃加入した田中美南=神戸市東灘区のINAC神戸クラブハウスで2020年1月25日午後1時15分、丹下友紀子撮影

 1月18日、日本国内での移籍が少ない女子サッカー界に驚きが走った。プレナスなでしこリーグ・日テレのエース田中美南(25)がライバルチームのINAC神戸に電撃移籍した。移籍を決断したのは、東京五輪への強い思いからだという。

 「ベレーザ(日テレ)での自分は(立場が)確立されていた。ベレーザでサッカーをしていたなら、自分が生きるし、生かされる。しかし代表では活躍できないし、自分を出すことができないと、昨年12月の東アジアE―1選手権で改めて強く感じた。新しい仲間とやることで自分を出さないといけないし、周りのことも見なければいけない。東京五輪で活躍するためには、環境を変える必要があった」

 昨季はプレナスなでしこリーグで最多20得点を挙げ、2016年シーズンから4年連続で得点王に輝いた。だが、国内屈指のストライカーも19年ワールドカップ(W杯)フランス大会ではメンバー入りを逃し、「人生で一番」という壁にぶつかった。

 「W杯、五輪に出たいとずっと思ってきた。でもW杯のメンバーから外れ、自分以上に周りの人たちが悔しがり、残念がってくれた。そんな姿を見て、自分が大舞台で活躍しないといけない、感謝を伝えるべきだと思い、東京五輪への思いが強まった。同時に今の状況で代表に選ばれても、試合に出て自分ができることは限られていると想像がついた。だからこそ、何かを変えなければいけなかった」

 W杯フランス大会では、日テレから10人が選出された。代表選手が不在のチームに残り、下部組織(メニーナ)の選手たちとカップ戦も戦った。この時期に取り組んできたことが自らの成長につながっているという。

 「メニーナのメンバーたちと戦う時、伸び伸びプレーして…

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文1336文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです