メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「世界記録を目指す」 競泳・瀬戸が萩野の日本記録に肉薄

男子400メートル個人メドレーで日本記録に迫る好タイムをマークした瀬戸大也(奥)=東京辰巳国際水泳場で2020年1月25日午後3時25分、村上正撮影

[PR]

 競泳男子の東京五輪代表、瀬戸大也(ANA)が25日、東京辰巳国際水泳場で行われた北島康介杯に出場し、男子400メートル個人メドレーで4分6秒09の大会新記録で優勝した。萩野公介(ブリヂストン)が2016年リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した際に樹立した日本記録に0秒04差に迫った。萩野は調整不足によりこの日の予選を棄権した。

 「風邪っぽく、大会直前はほとんど練習できなかった」。そう話すのが信じられないほどの瀬戸の泳ぎだった。背中を追いかけてきたライバルの記録に肉薄する好記録に「出るとは思わなかった。実力がついてきている証し」と笑顔がはじけた。

 瀬戸がターンをするたびに会場が沸いた。日本記録よりも速いペースは終盤まで続いた。残り50メートルでも0秒29上回る。フィニッシュ直前で腕のかきが鈍くなり、記録達成はお預けとなった。それでも自己ベストを1秒86更新し、水面を激しくたたいて喜びを表現した。

男子400メートル個人メドレーで終盤まで日本記録を上回るペースで泳いだ瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場で2020年1月25日午後3時24分、村上正撮影

 まさに「伸び盛り」だ。19年末には短水路(25メートル)のこの種目で世界新、オリンピックイヤー初レースとなった18日の男子200メートルバタフライでは日本記録を塗り替えた。冬場の泳ぎ込みで、課題の後半に粘り強さが加わってきた。

 「(4分3秒84の)世界記録を目指していけば、東京五輪で金メダルは簡単に取れると思う」。日本競泳界のエースは頂点に向け、確実にその歩みを進めている。【村上正】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 「参加自粛要請」でも返金せず 来年の参加料免除も苦渋の決断

  4. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  5. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです