メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 風評払拭を目指し特産品安全PRへ 相馬市 復興市民市場を起工 /福島

復興市民市場(仮称)の完成予想図=福島県相馬市提供

 相馬市は24日、松川浦漁港や原釜尾浜海水浴場に隣接する沿岸部で「復興市民市場」(仮称)の起工式を行い、建設工事に着手した。地元の魚介類や野菜・果物など特産品の安全性や魅力をアピールし、東京電力福島第1原発事故の影響による風評払拭(ふっしょく)を図る。10月のオープンを目指している。

 立谷秀清市長は「東日本大震災から9年。相馬の復興は原発事故がなければ終わっているが、風評と闘っていかなければならない。風評払拭へ力…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです