メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
View+

令和の御神馬 つぶやき発信で人気 /大阪

「カメラ向けられるとにっこり顔してしまうねん」とツイッターで発信する御神馬「いづめ」。宮司の久次米もとみさん(右から2人目)、御巫女(みかんこ)の長女(同3人目)とともに毎日通う能勢電鉄妙見口駅では、子どもたちに囲まれ大人気=大阪府豊能町で、山田尚弘撮影

 豊能町の山あいにある吉川八幡神社の近くで、散歩中の馬と出会った。境内で飼われている2歳の雄馬「いづめ」だ。

 同神社に祭られている八幡大神の使いが「馬」であることから、昨年6月、改元を記念して奉納された。名前の由来は、弓道の競技の一つ「射詰(いづめ)」にちなむ。毛の色は薄い茶色で、五穀豊穣(ほうじょう)にちなんだ稲穂をイメージさせることから、「縁起が良く、御神馬(ごしんめ)にふさわしい」として選ばれたという。

 昨年8月からは「いづめ自身が発信している」という設定で神社がツイッターを開設。「カメラ向けられたらニッコリ顔してしまうねんけどな」などとつぶやき、笑っているように見える写真を発信すると、たちまち人気になり、2万人近いフォロワー(読者)を獲得した。いづめに会うには神社への予約が必要だが、府外から訪れる人もいる人気ぶりだ。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです