メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

報恩托鉢寒行で無病息災を祈る 高野・金剛峯寺 /和歌山

高野山で寒行托鉢=松野和生撮影

 高野山真言宗総本山金剛峯寺(高野町)の寒中修行「報恩托鉢(たくはつ)寒行」が23日、高野山内であった。寄せられた浄財計109万2432円は、社会福祉事業に充てられる。

 弘法大師空海の教えで、人や社会の救済を意味する「済世利人(さいせいりにん)」の実践と、各家の無病息災を祈るため毎年、大寒の頃に実施…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 大阪府で新たに41人感染確認 1日あたり最多 死者4人に 新型コロナ

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです