メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人めぐり

宮崎県障がい者空手道協会理事長 小山克郎さん(50)=宮崎市 競技力底上げしたい /宮崎

小山克郎さん

 東京五輪で初の正式種目となり、本番が近づくにつれ脚光を浴びる空手。パラリンピックでは採用されなかったが、障害者スポーツにも注目が集まる中、県では昨年6月に「宮崎県障がい者空手道協会」が設立された。障害者の空手競技者は少なく、東京五輪・パラリンピックの盛り上がりを契機に競技人口や競技力の底上げを狙う。小山克郎理事長(50)に設立目的や展望などを聞いた。【斎藤毅】

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1185文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです