メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人めぐり

宮崎県障がい者空手道協会理事長 小山克郎さん(50)=宮崎市 競技力底上げしたい /宮崎

小山克郎さん

 東京五輪で初の正式種目となり、本番が近づくにつれ脚光を浴びる空手。パラリンピックでは採用されなかったが、障害者スポーツにも注目が集まる中、県では昨年6月に「宮崎県障がい者空手道協会」が設立された。障害者の空手競技者は少なく、東京五輪・パラリンピックの盛り上がりを契機に競技人口や競技力の底上げを狙う。小山克郎理事長(50)に設立目的や展望などを聞いた。【斎藤毅】

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1185文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストア店の業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 「海女の支援に」 アワビ稚貝と真珠のピンバッジが人気

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです