特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「桜」新資料2カ月隠す 推薦内訳、11月把握 内閣府

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 首相主催の「桜を見る会」で、内閣府は21日に国会に示した新たな資料の存在を2019年11月の段階で把握していた。毎日新聞の取材に内閣府が認めた。19年秋の臨時国会で桜を見る会の問題が表面化したにもかかわらず、少なくとも2カ月以上、資料の存在を国会に隠していた対応に批判が強まるのは必至だ。

 資料は14~19年の招待者について「各界功績者(総理大臣等)」「各界功績者(各省庁)」など推薦区分をまとめ、総数を示したもの。内閣府総務課によると、総務課が作成し、開催要領などと同じ行政文書ファイルに含まれていた。内閣府の担当者は国会提出後、野党側に「『招待者数の総数の根拠となる資料』の有無を聞かれなかったため、これまでは出さなかった」と釈明したが、野党側は「招待者数の推移を示す資料は求めていたはずだ」と反発した。

 菅義偉官房長官が推薦区分の内訳を19年11月に聞き取り調査した際、総務課の担当者は区分別に1桁まで招待者数が示された当該資料の存在を把握していた。しかし担当者は記載に近い概数を伝えただけだった。

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文910文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集