メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜」新資料2カ月隠す 推薦内訳、11月把握 内閣府

 首相主催の「桜を見る会」で、内閣府は21日に国会に示した新たな資料の存在を2019年11月の段階で把握していた。毎日新聞の取材に内閣府が認めた。19年秋の臨時国会で桜を見る会の問題が表面化したにもかかわらず、少なくとも2カ月以上、資料の存在を国会に隠していた対応に批判が強まるのは必至だ。

 資料は14~19年の招待者について「各界功績者(総理大臣等)」「各界功績者(各省庁)」など推薦区分をまとめ、総数を示したもの。内閣府総務課によると、総務課が作成し、開催要領などと同じ行政文書ファイルに含まれていた。内閣府の担当者は国会提出後、野党側に「『招待者数の総数の根拠となる資料』の有無を聞かれなかったため、これまでは出さなかった」と釈明したが、野党側は「招待者数の推移を示す資料は求めていたはずだ」と反発した。

 菅義偉官房長官が推薦区分の内訳を19年11月に聞き取り調査した際、総務課の担当者は区分別に1桁まで招待者数が示された当該資料の存在を把握していた。しかし担当者は記載に近い概数を伝えただけだった。

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文910文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです