メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

日米「同盟」 欺瞞の契約、真の盟約に=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

=内藤絵美撮影

 社会主義国・中国の急速な台頭、朝鮮半島を巡る新たな動き、米国社会における矛盾と国際協約への不信感の広がり、欧州統合の頓挫と民主主義への疑念、中東における混乱――。国際政治、安全保障環境には大きな変化の兆しが見える。

 そればかりではない。そもそも社会や国家への「脅威」が、他国の軍事的侵略といったものから、変動する主体によるテロ、サイバー攻撃と情報操作、国際的感染症、自然環境破壊による災害といったものへと変化している。しかも社会内部の葛藤の激化、核廃絶を含む環境保護への国際世論の高まりなどは、各国の安全保障戦略に大きな反省を迫るものだろう。

 こうした状況のもとでは、日本の防衛、あるいは安全保障政策、とりわけその基本をなしてきた日米「同盟」も、原点に立ち返ってそのあり方を検討せねばなるまい。

この記事は有料記事です。

残り1376文字(全文1724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 相模原殺傷事件 植松被告、控訴取り下げへ 「死を受け入れているわけではない」

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです