メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

中国・杭州市 ハイテクシティー 「顔」で決済、財布不要 国民監視の手段にも

コンビニエンスストアのレジにも顔認証機能を備えた端末が導入されていた=中国浙江省杭州市で、赤間清広撮影

 今や現金を押しのけ、スマートフォンを使った電子決済が主流になった中国で、今度は自分の顔の情報を財布や鍵の代わりに使う顔認証サービスが普及し始めた。特に浙江省杭州市は、街中の至る所に顔認証が導入されている「顔認証シティー」として知られる。現地を訪ね、その実態を探った。

 扉の前に立っただけで、2秒ほどで鍵が自動で開いた――。2018年末に開業した菲住布渇(フライズーホテル)は、ハイテクを詰め込んだ近未来型ホテルだ。宿泊者はチェックイン時にまず顔情報を登録。ルームキーは存在せず、自分の顔が鍵の代わりとなる。

 自動販売機を含め、支払いは全て顔認証で済み、財布やスマホをわざわざ出す必要がない。エレベーターにも顔認証機能が組み込まれ、自分の部屋がある階のボタンしか押せない仕組みになっている。ホテル内のフィットネスクラブも顔が通行証代わりとなり、手ぶらのままあらゆるサービスが利用可能だ。

この記事は有料記事です。

残り1404文字(全文1797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです