メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級2組8回戦 高見が8連勝 桐山は8連敗で降級

高見泰地七段

 <第78期順位戦C級2組 桐山清澄九段VS高見泰地七段>

 16日、関西将棋会館で大きな勝負が戦われた。順位戦C級2組8回戦の桐山清澄九段(72)―高見泰地七段(26)だ。

 桐山は7連敗で、負けると3回目の降級点がつき降級となる。一方高見は7連勝で昇級争いの首位を走っている。

 先手の桐山が相掛かりからひねり飛車に誘導する。桐山はなんでも指せるオールラウンダーだが、特にひねり飛車は1981年に中原誠名人に挑戦した名人戦で採用した得意戦法だ。七番勝負は1勝4敗で敗退したが、38年後に弟子の豊島将之名人が師匠に代わって悲願を達成した。

 対して高見はひねり飛車を拒否して前例のない力戦に。中盤桐山が巧みに金銀を配置して優位に立つ。そして最も差が開いた局面が第1図だ。

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです