メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京マラソン、一般参加取りやめ 新型肺炎拡大受け
今週の本棚

伊東光晴・評 『“フランスかぶれ”ニッポン』=橘木俊詔・著

 (藤原書店・2860円)

経済力、軍事力よりも強い文化の力

 「ふらんすへ行きたしと思へども、ふらんすはあまりに遠し、せめて……」という萩原朔太郎の『純情小曲集』の詩の一部から、この本ははじまっている。

 フランスが遠かったのは、明治、大正の昔だけではない。敗戦後、学生時代をすごした私も、フランスははるかに遠く、ルネ・クレールの映画とパリ祭のシャンソンがかもし出す憧れの国であった。

 日本にとって重要な国は、戦前も戦後も、今もアメリカである。だが、アメリカに憧れた人を私は知らない。

この記事は有料記事です。

残り1711文字(全文1951文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  4. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです