メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『増補版 民衆の教育経験 戦前・戦中の子どもたち』=大門正克・著

 (岩波現代文庫・1562円)

 高校生向けの模擬講義後の駄話で、ひと昔前の農村では、本家より良い学校に行ってはいけないという無言の圧力があったと話したら、今でも普通にありますと女生徒から返されて溜息(ためいき)が出たのが昨秋のこと。

 女性の力を活(い)かさないことにかけては世界に冠たる日本。その国の一員として、都会と農村、男性と女性という区分の他に、子どもの教育を左右する要因が他にあるはずとの疑念は常にあった…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです