メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「書き入れ時」春節商戦を直撃 頭を抱える関係者 新型肺炎で中国・団体旅行禁止

新型コロナウイルスによる肺炎への注意を呼びかける電光掲示板=関西国際空港で2020年1月24日午前11時50分、久保玲撮影

 中国での団体旅行の禁止措置は、春節に合わせた訪日観光客の繁忙期だけに、日本の観光・小売業界に大きな打撃を与えそうだ。既に困難視されている「2020年に4000万人」の政府目標達成も、一層厳しくなる可能性がある。

 「支払った8万元(約126万円)は一体、どうなるんだ」。31日から家族11人で日本旅行を予定しているという男性は中国のSNS上に困惑した気持ちを書き込んだ。

 日本を訪れる中国人観光客は、19年には過去最高の959万4300人を記録し、訪日客全体(3188万人)の約3割を占める。日韓関係の悪化から韓国人客が激減する中、訪日客全体の伸びを支えている形だ。中でも春節に合わせた休暇は例年、中国からの訪日客数もピークを迎えるため、日本の運輸、観光業界にとって書き入れ時だった。

 今回の措置の…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1119文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです