メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の「武漢からの退避チャーター機」は28日運航

新型肺炎の感染拡大を受け、駅を封鎖するため旅行客の確認を行う治安当局職員=中国・武漢市の漢口駅で2020年1月23日、AP

 新型コロナウイルスによる肺炎の急拡大を受け、米政府は中国湖北省武漢市に滞在する総領事館員らを退避させるため、チャーター機を28日に運航させる。ロイター通信などが報じた。

 報道によると、米西部のサンフランシスコに向かう。米市民も受け入れるが、座席数が限られており、感染のリスクが高い人を優先させるとい…

この記事は有料記事です。

残り79文字(全文229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  4. ORICON NEWS 和田アキ子、志村けんさん追悼「本当に残念」 飲み屋での思い出も回顧[コメント全文]

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです