メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明智光秀ゆかりの地で五平餅スタンプラリー 岐阜・恵那

自慢の五平餅を紹介する各店代表者ら=恵那市役所で、2020年1月22日午後0時7分、立松勝撮影

 岐阜県恵那市は25日、郷土料理「五平餅」を活用し、市内39店舗を周遊するスタンプラリーを始めた。同市はNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の主人公・明智光秀ゆかりの地。開設した「大河ドラマ館」を訪れる観光客に五平餅の食べ比べを楽しんでもらうことで、山城跡や城下町など名残ある市内の観光を促すのが狙いだ。

 五平餅スタンプラリーは12月25日までを3カ月ずつ4期に分けて実施。期間ごとに3店舗のスタンプを集めると、缶バッジがもらえ、先着400人にはオリジナルカードも贈られる。カード全4種を集めると先着300人に「明智光秀ゆかりの地スペシャルカード」がプレゼントされる。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パンデミックでない」WHO強調 新型コロナ感染拡大で危険性「最高」に引き上げ

  2. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです