競技人口、押し上げたい ベンチプレス日本一の技術を夫婦で指導

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「8sukigym(ヤスキジム)」で会員のベンチプレスの補助をする山下保樹さん(左)と山下彩さん=大阪市港区で2020年1月8日、田中将隆撮影
「8sukigym(ヤスキジム)」で会員のベンチプレスの補助をする山下保樹さん(左)と山下彩さん=大阪市港区で2020年1月8日、田中将隆撮影

 「ベンチプレスで何キロ挙げるの?」

 筋力トレーニング(筋トレ)に励む人の多くが、この質問を受けたことがあるのではないだろうか。そんな「筋トレの王道」ともいえる種目を、競技として極めようという夫婦がいる。大阪市港区でベンチプレスに特化したトレーニングジム「8sukigym(ヤスキジム)」を営む山下保樹さん(28)と、妻の彩さん(33)。階級別で互いに日本一を経験した2人に競技の魅力を聞いた。【田中将隆】

 ベンチプレスは「ベンチ」と呼ばれる台の上にあおむけに寝た状態で、両手で握ったバーベルを胸まで付けてから、腕が伸びるまで押し上げる。競技はプレスの回数ではなく、1回の上下の最重量で競う。肩と尻が台に接していることやバーベルを胸の位置で一度静止させる必要があるなど細かいルールが定められており、正確な動作が必要だ。

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1280文字)

あわせて読みたい

注目の特集