メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美とあそぶ

倉本聰さん/3 2羽の小鳥は僕と妻

小鳥二羽2017

 <小鳥二羽 都は遠く なりにけり>

 この絵はね、ある日、2羽の小鳥が雪の中の木の枝にいるのを見て、僕とかみさんの2人が、ぽつんと北海道の自然の中に住んじゃったということを何となく思いながら描きました。

 自然の中で生きている虫やクモ、鳥といったものの動きを見て、我々人間の行動を何か表現しているのではないかと想像してみるのは、絵を描いていて、一番楽しいところですね。

 僕が北海道に来て、地元の人から聞いてショックを受けたのは、冬になると内地の人は、水が凍って氷になると言うけど、ここでは、氷が解けて水になるという言い方をするんです。凍結している状態がすべての始まりにある。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ、都内で感染者68人確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです