メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
アートの扉

畠山直哉 untitled(tsunami trees) 死にながら生きる

「2019年10月6日 岩手県陸前高田市」2019年、発色現像方式印画、108×126・6センチ

 真っ二つに割れたように、左右で異なる表情を見せる木。右側は枯れた枝々が白い骨を思わせ、左側は上へ伸びた枝と濃い緑が「生」を告げている。川が流れる草原に1本だけ立ち、背後には出来立てらしい高速道路が見える。

 日本を代表する写真家の一人、畠山直哉さんの「untitled(tsunami trees)」。東日本大震災後、故郷の岩手県陸前高田市を撮り続ける畠山さんが津波の爪痕が残る樹木を捉えた新シリーズだ。本展で初めて23点を発表した。

 シリーズの起点となった本作の木に気づいたのは3年ほど前。津波による漂流物が幹に当たった海側の枝は枯死していたが、反対側は成長を続けていた。形の妙と、「死にながら生きている」生態に衝撃を受け、他の被災地も回って木々を撮り始めた。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです