メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「1・17 希望の灯り」を見つめ涙ぐむ遺族ら=神戸市中央区の東遊園地で2000年1月17日午前5時55分、中村真一郎撮影

 「こわかったね/いたかったね/さむかったね/もうだいじょうぶだよ/あなたたちのえがお/あなたたちのわらいごえ/いつまでも/いつまでも」

 6人の園児が亡くなった兵庫県芦屋市立精道保育所の詩碑を見て、真っすぐな親たちの愛情に衝撃を受けた。震災モニュメントを訪ねる交流ウオークは、グリーフ(悲嘆)を抱えた遺族らが歩き、語らう場になった。

 神戸大夜間学生の長男を21歳で亡くした父親(77)は震災から4年間「どうして守ってやれなかったんだ」と自分を責めてきた。だが「ここは泣いてもいい場所ですよ」と声を掛けられ「息子以外の6433の魂も祈って歩こう」と、その後のウオークを先導するようになった。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです