メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

プロジェクト・グーテンベルク 贋札王(2018年、香港・中国) 見える景色が変わる

 国際的な偽札づくり集団を率いる“画家”と呼ばれる男(チョウ・ユンファ)にスカウトされた、贋作(がんさく)絵画の名人レイ(アーロン・クォック)。偽札の下絵を描くだけとの約束が、次々と犯罪に巻き込まれ、ついには刑務所へ収監され殺人容疑などで取り調べを受けます。そこに現れたのが昔の恋人で、今は高名な画家となったユン(チャン・ジンチュー)。レイの保釈を求めますが、警察は謎に包まれた“画家”について話すことを条件にします。冷酷な“画家”の報復におびえながらも語り始めるレ…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  2. 石川県で5人目の新型コロナ感染確認 出張の50代男性

  3. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  4. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  5. 確定申告の期間延長へ 政府 申告集中避ける狙い 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです