メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク&トーク

1級造園施工管理技士・奥山豊美さん(47) /岐阜

庭文化の継承に新風を

 日本の造園技術をアラブ首長国連邦(UAE)に売り込もうと奔走する関市の奥山豊美さん(47)。2月から日本貿易振興機構(ジェトロ)の投資環境視察ミッションに単身で参加する。「日本人の力」を見せたいと意気込む奥山さんに、造園業界の現状や狙いを聞いた。【岡正勝】

 ――UAEに庭園を売り込みに行くそうですね。

 造園業界は、熟練の庭師は高齢化し、後継者が減少している。庭文化や庭技術の継承はもとより、本来の「庭の情景を楽しむ」「庭づくりに情熱を注ぐ」ことも忘れられていくのでは、と寂しく思っている。先細りを痛感しており、「突破口」としてUAEで日本庭園や造園技術を売り込もうと、ミッションに応募した。

この記事は有料記事です。

残り1225文字(全文1532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです