メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

邇々杵神社で50人が消防訓練 高島 /滋賀

邇々杵神社境内で社務所などに向けて放水する消防隊員ら。中央奥は拝殿、左奥が多宝塔=高島市朽木宮前坊で、塚原和俊撮影

 「文化財防火デー」の26日、高島市朽木宮前坊の邇々杵(ににぎ)神社で消防訓練があり、市消防本部と地元消防団、自治会の宮前坊区などから計約50人が参加した。境内は神社と神宮寺が併存した江戸時代までの神仏習合の跡をとどめ、多宝塔や仏像、神社本殿など計5件の県、市指定の有形文化財があり、住民は防火意識を…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです