メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

邇々杵神社で50人が消防訓練 高島 /滋賀

邇々杵神社境内で社務所などに向けて放水する消防隊員ら。中央奥は拝殿、左奥が多宝塔=高島市朽木宮前坊で、塚原和俊撮影

 「文化財防火デー」の26日、高島市朽木宮前坊の邇々杵(ににぎ)神社で消防訓練があり、市消防本部と地元消防団、自治会の宮前坊区などから計約50人が参加した。境内は神社と神宮寺が併存した江戸時代までの神仏習合の跡をとどめ、多宝塔や仏像、神社本殿など計5件の県、市指定の有形文化財があり、住民は防火意識を…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 金沢市長、新型肺炎対策での休校「2日からは考えていない」「時間がない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです