メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

竹山前市長、注目の初出頭 選挙資金巡り 30日、堺市で百条委 /大阪

竹山修身前市長の証人尋問を決めた2019年12月の堺市議会の調査特別委員会=堺市役所で、高田房二郎撮影

 関連政治団体の政治資金収支報告書に多額の不記載があったとして政治資金規正法違反罪で略式起訴された堺市の竹山修身前市長(69)が30日、自身の選挙資金を追及する堺市議会調査特別委員会(百条委)に初めて証人として出頭する。「百条委に選挙資金の調査権限はない」と出席拒否の姿勢を見せていた前市長が、どのような証言をするか注目される。

 代理人弁護士名で竹山氏の出頭の意向が市議会に伝えられたのは、2019年12月23日。A4判用紙4枚の回答書には「百条委の調査範囲は選挙運動費用収支報告書の形式的な調査に限られる」「報告された収支や添付資料が虚偽、偽造ではないかとか実態的な真相を調査することはできない」など、従来と変わらぬ主張が記されていた。百条委が求めた17年の市長選における選挙対策本部の組織図や構成員名簿、会計帳簿などの書類についても「百条委は請求できない」と提出を拒む文面が続いていた。

 百条委のメンバーの市議は「出頭を拒否するのかと読み進めると、最後の最後に『協力する』と書いてあって、えーってなった」。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文1005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「緊急事態」期間は1カ月程度か 首都圏4都県、大阪、兵庫軸に

  2. 緊急事態宣言、発令後も自粛頼み 施設使用停止などに法的根拠 放送局ににらみも

  3. 千葉県で妊娠女性の感染確認 松戸ではヤマト運輸支店で感染拡大 新型コロナ

  4. タレントのゴリけんさん、新型コロナ感染

  5. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 7日にも発令決断

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです