メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盤上の風景

/41 将棋 浦野真彦八段 詰め将棋に魅せられ /大阪

中島みゆきの大ファンで、「応援ソングみたいに聴いていた」と話す浦野真彦八段=吹田市内で、新土居仁昌撮影

 詰め将棋作りの名手。7手詰めまで、超短手数の技がさえる問題集「ハンドブックシリーズ」(浅川書房、日本将棋連盟)は累計25万部に迫る大ヒットに。藤井聡太七段が5連覇中の詰将棋解答選手権にも長く携わり、全日本詰将棋連盟が普及・発展に貢献した人に贈る2019年度の門脇芳雄賞を受賞した。一方、同年12月には、少年時代を過ごした高槻市の教育委員に就任。子どもたちとの交流の経験を生かした提言や活動が期待されている。

この記事は有料記事です。

残り1428文字(全文1632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  4. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  5. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです