メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
肥前評論

アートたりうる論議を /佐賀

 県長寿社会振興財団の「ゆめさが大学」講師を昨年暮れに3回務めた。テーマは「時事問題」で、60~80代の会員計約150人が参加。取材の裏話や失敗談など話はしばしば横道にそれたが、皆さん熱心に耳を傾け、意見を述べてくださった。

 「新幹線は唐津と伊万里を通せばいい。観光客が増える」「いや、長崎の島原から有明海の底を通って鹿児島線につなげよ」――。今、ホットな県政の課題である新幹線問題に関心は集まり、思い思いの、シュールともいえる意見も出た。

 九州新幹線長崎ルートは与党プロジェクトチーム(PT)が昨年8月、未着工の新鳥栖―武雄温泉区間を「フル規格」で整備する方針を示した。佐賀県の反発は容易に予想されたが、そのことへの何らの「含み」もなく、事態は硬直化。今、ようやく県と国交省との事務レベル協議が始まったが、道遠しの感が濃い。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです