特集

大学関連ニュース

全国の大学に関するニュースを集めました。

特集一覧

検証

中立性脅かす製薬マネー 医薬品講演の教授「めちゃくちゃ効いた」 専門家「患者の信頼失墜」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 1000万円超の講師謝金を受領していた国公立大教授らが2018年度に15人いた。私立大も含めると32人に上る。大半が医師でもある教授らは「社会貢献だ」と主張し、高額報酬を当たり前のように受け取っている。癒着が疑われ、研究や教育への影響が懸念されるが、対策に乗り出す大学も出始めた。

 「めちゃくちゃ効いた。僕もこれ、使ってます」。昨年末の平日夜、奈良県内で開かれた製薬会社主催のセミナーで、西日本のある国立大教授はこう力説した。教授は認知症の専門家だ。医師ら約100人に対し、この会社の神経症治療薬の効果や症例を解説。別の会社が製造販売する認知症治療薬との飲み合わせについて「足し算で働く」と効果を訴えた。約1時間の講演を終え、製薬社員に見送られながら、教授は黒塗りのハイヤーに乗り込んだ。

 教授は18年度、製薬会社のセミナーに100回以上招かれ、16社から1000万円を超える謝金を受領。16年度にもほぼ同額を受け取っていた。依頼が最多だったのは認知症治療薬を製造販売する製薬大手で、55回の講演で918万円。認知症に詳しいある医師は「論文などで特定の薬に肩入れしすぎだ」と懸念する。

この記事は有料記事です。

残り1983文字(全文2476文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集