メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

「経済立国」の呪縛=山田孝男

 令和初の首相施政方針演説は「オリンピック・パラリンピックを成功させ、国民一丸となって新時代へ踏み出そう」という呼びかけで始まった(20日)。

 当たり前のことを言っているようだが、よく考えてみると疑問がわく。

 なぜ一丸とならなければならないのか。一丸となってどこへ行くのか。新時代はどんな時代か。

 そういう基本的な問題について、国民の間に、政府部内でさえ、はたして共通の理解があるのか?――という疑問である。

この記事は有料記事です。

残り1144文字(全文1348文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 安倍首相要請、3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 大阪市立小中・幼稚園、2週間臨時休校 卒業式は短縮、参加人数制限し実施

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです