メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書を生かす

情報公開法成立20年/10 刑事裁判記録リスト公開 死刑事件も廃棄、保管の基準を

福島至・龍谷大教授(刑事法)

 法務省は、ロッキード、リクルート事件の刑事裁判記録など刑事法制や犯罪の調査研究に有用として保管している「刑事参考記録」についてリストをホームページに公開した。これまでは、どのような事件が保管の対象なのかが明らかにされていなかった。

 福島至・龍谷大教授(刑事法)は「一歩前進だが、死刑や再審無罪の事件でも捨てられたとみられるものがある。参考記録指定の基準を明確にすべきだ」と訴える。

 リストは1886~2014年(判決の確定年)の764事件(19年12月25日現在)。刑事裁判記録は、判決確定後に検察庁が保管。刑の内容や刑期に応じて3~50年(判決書は最大100年)を過ぎると廃棄されるが、刑事法制や犯罪の調査・研究のため重要だと判断されれば、法相が刑事参考記録に指定する。18年9月、上川陽子法相(当時)がリストを作成、公表することを明らかにしていた。

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文838文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです