メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

坪内祐三さんの「遺言」 ネットの危うさ、共有を=武田徹

坪内祐三さん=東京都渋谷区で2018年1月26日、大井浩一撮影

 評論家の坪内祐三さんが亡くなった。

 今、手元に2017年刊の「右であれ左であれ、思想はネットでは伝わらない。」(幻戯書房)がある。あとがきに坪内さんは「たぶんこれは私の最後の評論集になるでしょう」と記していた。後に出た著作はエッセー集だったので、その言葉通りになってしまった。

 なぜ思想はネットで伝わらないのか。あとがきには「ツイッターを読む」と「悲しい気持ちになる」と書き、ネットの言葉には「文脈がない」と評してもいた。坪内さんにとって文脈とは、そこから言葉が紡ぎ出される人々の“生きざま”を指す。「右であれ――」でも思想家や出版人の生きざまが丁寧な資料考証を通じて描き出されていた。

 それは坪内さん自身の生きざまが反映した仕事でもあった。圧倒的な読書量で知られる坪内さんが蓄積した知識は記憶の中で相互につながって独自の文脈を形成してゆく。そこから坪内さんにしか書けない評論が数多く生み出された。

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文1089文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 警視庁が20代男性を誤認逮捕 1人の証言をうのみ 33時間後に釈放

  3. サムスン電子の李健熙会長が死去 創業家2代目、世界的ブランドに育てる

  4. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです