メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

2020年大統領選 激戦州を歩く アリゾナ、進む共和離れ

 11月の米大統領選で、接戦が予想される州の一つが西部アリゾナ州だ。伝統的に与党・共和党が強く、党のシンボルカラーにちなんだ「赤い州」とされていたが、野党・民主党の勢いが増し「青い州」に変わりつつあるためだ。現地で「異変」の背景を探った。【アリゾナ州フェニックスで福永方人】

「女性蔑視」大統領に嫌気

 アリゾナ州の州都フェニックス郊外ギルバート。5人の子供を持つ白人女性のエミリー・サンチェスさん(40)が「今度の大統領選では初めて民主党候補に投票するつもり」と打ち明けた。「トランプ大統領の女性蔑視的な物言いが許せない。保守派の信条に逆行する政策にも賛成できない。彼に追随する共和党にも嫌気が差した」

 サンチェスさんは2012年の大統領選で共和党指名候補だったロムニー上院議員の親戚で、「共和党一家」に育った。穏健保守派を自認し、自由貿易や「小さな政府」を信奉する。だが、トランプ政権は中国への高関税発動など、自由貿易に逆行する保護主義的な政策を進める。「ロシアや北朝鮮への融和的姿勢を含め、過去の共和党政権では考えられなかった」と憤る。

この記事は有料記事です。

残り2403文字(全文2872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです