メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

太陽油脂/上 戦中は海軍指定工場に

コプラの荷揚げ風景。戦後、太陽油脂として再出発して間もない頃の撮影だという=同社提供

 <since 1919>

 横浜市神奈川区守屋町。釣り船が浮かぶ運河沿いの一角に太陽油脂は建つ。「パックスナチュロン」シリーズで知られるせっけん、化粧品、食用加工油脂などを製造する企業で、化学メーカー「カネカ」のグループ会社。1919年、「東京搾油」という名前で創業した時からずっとこの地にある。

 太陽油脂の軌跡は日本の近現代史と切り離せない。もとは1894年設立の南洋貿易日置合資会社から1908年に改組した南洋貿易が親会社。当時、日本の委任統治領だった南洋諸島(現ミクロネシア)で産出されるコプラの油を搾り、販売する目的で設立されたのが東京搾油だった。コプラはヤシ油の原料ココヤシの胚乳を乾燥させたもの。東京…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 北海道、新型コロナ感染者の国籍・職業公表へ 情報原則公開方針転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです