メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

MIKAWAYA21 青木慶哉社長

MIKAWAYA21の青木慶哉社長

 23歳で新聞販売店主となり、地域密着、シニア重視のセールスで注目を浴びた青木慶哉さん。シニアの生活サポートに特化した会社を立ち上げ、全国にフランチャイズを広げようとしている。高齢化社会の課題を解決する「日本モデル」を構築したいという青木さんに、事業の内容を聞いた。【聞き手・志摩和生】

 ――シニアの支援に着目したのは?

 ◆新聞販売店の店主だった時、シニアの読者が、行政に頼るほどではない困りごとを抱えているのを知りました。1人暮らしのおばあちゃんが、洗面所の電球をとりかえられず、毎日、真っ暗な中で顔を洗っているというのです。そういう話を聞いて「まごころサポート」を始めました。

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1211文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです