メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乾杯!世界のどこかで

革命・独立、歴史くぐり抜け ウズベキスタン ワイン

ホブレンコ・ワイン工場に併設された博物館で試飲を担当するドミトリー・サリエフさん(左)=ウズベキスタン中部サマルカンドで2019年11月21日、前谷宏撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 飲酒を戒めるイスラム教を信仰する人が人口の9割を占める中央アジアのウズベキスタン。ソ連時代に宗教が抑圧されたこともあって飲酒に対する戒律はそれほど厳しくなく、ワインの産地としても知られている。ロシア革命やソ連崩壊という激動の時代を乗り越えた100年以上前のワインがあると聞き、ワイナリーを訪ねた。

 ウズベキスタン中部の古都サマルカンドは、世界遺産にも登録されたブルーを基調としたイスラム教建築で知られる。そんな街の中心部に帝政ロシア時代の邸宅を利用した人気の観光スポットがある。1868年創業の「ホブレンコ・ワイン工場」に併設されたワイン博物館だ。

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文1885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです