メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乾杯!世界のどこかで

革命・独立、歴史くぐり抜け ウズベキスタン ワイン

ホブレンコ・ワイン工場に併設された博物館で試飲を担当するドミトリー・サリエフさん(左)=ウズベキスタン中部サマルカンドで2019年11月21日、前谷宏撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 飲酒を戒めるイスラム教を信仰する人が人口の9割を占める中央アジアのウズベキスタン。ソ連時代に宗教が抑圧されたこともあって飲酒に対する戒律はそれほど厳しくなく、ワインの産地としても知られている。ロシア革命やソ連崩壊という激動の時代を乗り越えた100年以上前のワインがあると聞き、ワイナリーを訪ねた。

 ウズベキスタン中部の古都サマルカンドは、世界遺産にも登録されたブルーを基調としたイスラム教建築で知られる。そんな街の中心部に帝政ロシア時代の邸宅を利用した人気の観光スポットがある。1868年創業の「ホブレンコ・ワイン工場」に併設されたワイン博物館だ。

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文1885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボンドのスタイル決定づけ 深みと陰影の演技派に脱皮 ショーン・コネリーさん死去

  2. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  3. 埼玉でも無許可で豚解体容疑 ベトナム人を再逮捕へ 盗難家畜の違法処理横行か

  4. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  5. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです