連載

学びコンパス

毎日新聞デジタルの「学びコンパス」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

学びコンパス

「ネオ学童」人気 学力強化、習い事売りに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
九九に取り組む「伸芽’Sクラブ 池袋西口校」の児童たち=東京都豊島区で
九九に取り組む「伸芽’Sクラブ 池袋西口校」の児童たち=東京都豊島区で

 <受験のトビラ juken no tobira>

 放課後に小学生を預かる学童保育で、中学受験に向けた学力の基礎作りや習い事などの豊富な選択肢を売りにした「ネオ(新しい)学童」とも呼ばれる民間施設が都心部で人気だ。教育熱心な共働き世帯から需要が高まっており、塾や鉄道など多業種の参入が相次ぐ。

 「しちは?」「ごじゅうろく!」。1月中旬夕方、東京都豊島区のJR池袋駅近くのオフィスビル。民間学童保育「伸芽(しんが)’S(しんが~ず)クラブ 池袋西口校」の教室で、小学1年生が九九の練習をしていた。宿題を終えた後の「発展学習」の時間だ。本来は2年生の学習内容だが、先取りして教えている。

 運営は、小学校・幼稚園受験専門塾「伸芽会」。小1~3を対象に東京・千葉・神奈川の主要駅近くに計15校開く。預かり時間は午後1~8時で月額は利用日数によって3万~5万円台。都内の公設学童(大半が月数千円)に比べて高いが、午後9時まで延長でき、別料金を払えば外部講師によるピアノやチェスなどのレッスンも受けられる。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文905文字)

あわせて読みたい

注目の特集