メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 海外団体旅行禁止 中国客頼み、観光地落胆 「大量のマスク仕入れたのに」

この日も多くの中国人観光客が訪れた名古屋城=名古屋市で2020年1月26日午後4時16分、井口慎太郎撮影

 中国湖北省武漢市で確認された新型コロナウイルスを巡る問題で、中国から海外への団体旅行が27日から一律に停止されると現地メディアが報じた。25日の春節(旧正月)にあわせて多くの中国人観光客が来日する書き入れ時に重なり、旅行停止が長引けば観光業界に深刻な影響を与えかねない。各地の店やホテルなどからは不安の声が上がっている。

 中国人を含む海外から大勢の観光客が訪れる東京・浅草。2015年から忍者の体験ツアーを手がける「Holiday Jack」は、カフェでの衣装の試着や手裏剣投げの体験を売りに外国人客を呼び込んでいる。

 ツアー参加者のうち中国からの観光客は3割を占める。感染が拡大した最近1週間だけでも個人客から十数件のキャンセルを受けたという。矢野智之社長(33)は「今は春に向けて団体予約が入る時期。団体旅行が禁止されることで、今後の売り上げに響かないか懸念している」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1724文字(全文2115文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです