特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

首相が「桜」と「日本で最も高いと言われるおすし屋さん」の関係にこだわる理由

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で「桜を見る会」を巡る問題について答弁中に野党議員のヤジを指摘する安倍晋三首相=国会内で2020年1月27日午後4時28分、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で「桜を見る会」を巡る問題について答弁中に野党議員のヤジを指摘する安倍晋三首相=国会内で2020年1月27日午後4時28分、川田雅浩撮影

 27日の衆院予算委員会では、昨年4月の「桜を見る会」に合わせて安倍晋三首相の後援会が開いた「前夜祭」に関し、首相が野党議員の過去の発言を「デマ」と繰り返し非難する場面があった。

 首相が問題視したのは、ホテルでの前夜祭で出されたすしの提供店について。質問者の立憲民主党・黒岩宇洋氏が昨年11月、老舗のすし店「銀座 久兵衛」だったので…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集