メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相が「桜」と「日本で最も高いと言われるおすし屋さん」の関係にこだわる理由

衆院予算委員会で「桜を見る会」を巡る問題について答弁中に野党議員のヤジを指摘する安倍晋三首相=国会内で2020年1月27日午後4時28分、川田雅浩撮影

 27日の衆院予算委員会では、昨年4月の「桜を見る会」に合わせて安倍晋三首相の後援会が開いた「前夜祭」に関し、首相が野党議員の過去の発言を「デマ」と繰り返し非難する場面があった。

 首相が問題視したのは、ホテルでの前夜祭で出されたすしの提供店について。質問者の立憲民主党・黒岩宇洋氏が昨年11月、老舗のすし店「銀座 久兵衛」だったので…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  5. コンビニに日本刀の男 妻を複数回刺し死なす 自営業の51歳緊急逮捕 岡山・赤磐

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです