メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

新型肺炎 日本企業の駐在員、帰国後は自宅待機などの対応 とどまる邦人も

新型肺炎の感染拡大を受け、駅を封鎖するため旅行客の確認を行う治安当局職員=中国・武漢市の漢口駅で2020年1月23日、AP

 中国の湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスの感染が広がる中、日本企業も現地の駐在員を帰国させるなどの対応に追われている。日本での感染拡大に対する不安も強まっており、日本国内で社員を在宅勤務にする企業も出てきた。

 武漢は自動車メーカーなどが拠点を構える中国有数の産業都市で、日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、武漢とその周辺に約160の日本企業が進出している。外務省によると、武漢市を含む湖北省にいる日本人は27日現在、約560人に上る。

 半導体製造装置の東京エレクトロンは現地の駐在員とその家族、出張者の約30人全員を政府が用意するチャーター機で帰国させる。同社では先週末ごろから駐在員らに自宅待機を要請。駐在員らは帰国後も自宅待機となる見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1098文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです