メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

感染拡大を防ぐためとして車の通行が規制され、閑散とした武漢市中心部=2020年1月26日、ロイター

 中国の習近平国家主席が新型コロナウイルスによる肺炎を「断固封じ込めよ」と異例の重要指示を出してから27日で1週間。ただ、感染拡大は止まらず、焦りを募らせた習指導部は湖北省武漢市を事実上封鎖し、国内外への団体旅行を禁止するなど力任せの対策を次々に打ち出している。こうした対応は中国内にも摩擦を引き起こしかねない。【北京・浦松丈二、河津啓介】

この記事は有料記事です。

残り1988文字(全文2158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです