怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
感染拡大を防ぐためとして車の通行が規制され、閑散とした武漢市中心部=2020年1月26日、ロイター
感染拡大を防ぐためとして車の通行が規制され、閑散とした武漢市中心部=2020年1月26日、ロイター

 中国の習近平国家主席が新型コロナウイルスによる肺炎を「断固封じ込めよ」と異例の重要指示を出してから27日で1週間。ただ、感染拡大は止まらず、焦りを募らせた習指導部は湖北省武漢市を事実上封鎖し、国内外への団体旅行を禁止するなど力任せの対策を次々に打ち出している。こうした対応は中国内にも摩擦を引き起こしかねない。【北京・浦松丈二、河津啓介】

この記事は有料記事です。

残り1988文字(全文2158文字)

あわせて読みたい

注目の特集