MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
MXテレビ本社が入るビル=東京都千代田区麹町で2014年3月、柳澤一男撮影
MXテレビ本社が入るビル=東京都千代田区麹町で2014年3月、柳澤一男撮影

 東京MXテレビが2019年1~3月に放送したバラエティー番組「欲望の塊」で、番組内でゲームの優勝賞品とされた高級外車が優勝者に渡されなかった問題で、番組担当者の40代男性が福岡市西区で遺体で見つかったことが、関係者への取材で判明した。現場の状況から自殺を図ったとみられる。

 関係者によると、男性の遺体は今月24日、西区に止められた車内で見つかった。「ご迷惑をおかけしました」という趣旨の本人のメモらしきものが見つかったという。

 「欲望の塊」は外部の番組企画会社からMX側に持ち込まれたもので、MXは21日、同番組を巡り「優勝賞品の出演者への受け渡し、タレントへの出演料及び制作会社への制作費の支払いが番組を企画した会社からなされていないことを確認した」とトラブルを公表し、放送責任を認め謝罪した。MXの調査でスーパーカー「ランボルギーニ」の所有権が番組企画会社に移転されていないことが判明したが、企画会社と連絡が取れなくなった…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文637文字)

あわせて読みたい

注目の特集