新型肺炎 帰国日本人「発症や疑い」事例、都「4病院で対応準備ある」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型肺炎の感染拡大を受け、東京都としての受け入れ対応を指示する小池百合子知事(中央)=東京都新宿区の都庁で2020年1月27日午後0時48分、森健太郎撮影
新型肺炎の感染拡大を受け、東京都としての受け入れ対応を指示する小池百合子知事(中央)=東京都新宿区の都庁で2020年1月27日午後0時48分、森健太郎撮影

 東京都は27日、中国での新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、政府チャーター機で湖北省武漢市から帰国する日本人に発症や疑いがあれば、都立病院など計4病院で受け入れる準備があると発表した。都は、緊急時の対応について政府と協議しており、要請があれば協力する。

 都によると、空港検疫所で発症や疑いが確…

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文293文字)

あわせて読みたい

注目の特集