新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ドラッグストアでは中国などからの観光客が次々とマスクを買い求めていた=大阪市中央区で2020年1月26日午後2時44分、小松雄介撮影
ドラッグストアでは中国などからの観光客が次々とマスクを買い求めていた=大阪市中央区で2020年1月26日午後2時44分、小松雄介撮影

 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大に伴い、中国から海外への団体旅行の一律停止が始まった27日、キャンセルの連絡があった日本国内のホテルなどからは長期化を懸念する声が上がった。

 大阪市にあるリーガロイヤルホテル(1042室)では、中国からの団体客の予約が2月末までの宿泊分で計144室取り消された。担当者は「予想できなかったことなので、対策を協議している」と話した。国内に43カ所あるプリンスホテルでは、宿泊客の約1割を中国人が占めてお…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

あわせて読みたい

注目の特集