政権との距離は保てるのか NHKの「転換点」に就任した新会長、山積する課題

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する前田晃伸・NHK新会長=東京都渋谷区で2020年1月27日午後4時16分、根岸基弘撮影
記者会見する前田晃伸・NHK新会長=東京都渋谷区で2020年1月27日午後4時16分、根岸基弘撮影

 NHK新会長に25日付で就任した前田晃伸氏(75)が27日、就任後初の記者会見を行った。NHKは今春、テレビ番組の常時同時配信などインターネット展開を本格化させるが、引き換えに総務省から経営改革を迫られ、民放からはNHKの肥大化への警戒も強い。報道では、かんぽ生命保険の不正販売を報じた番組を巡り、自主自律をゆがめた問題が昨秋に発覚。政権との近すぎる関係で批判の強い専務理事の副会長昇格も取り沙汰される。前田氏は会見で「公共放送の使命を果たすため、不偏不党の立場を守り、放送の自主自律を堅持する」と強調したが、課題山積の中、前田会長のかじ取りが注目される。【小林祥晃、屋代尚則、松尾知典】

この記事は有料記事です。

残り3242文字(全文3537文字)

あわせて読みたい

注目の特集