メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工藤会系組幹部に懲役26年 看護師刺傷など4件に関与 野村被告の指揮命令認定 福岡地裁 

福岡地裁などが入る庁舎=福岡市中央区六本松で、平川昌範撮影

 暴力団組員の立ち入りを禁じる標章を掲げた飲食店経営者の襲撃や看護師刺傷など4事件に関与したとして、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などの罪に問われた特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)系組幹部、坂口鉄二被告(51)に対し、福岡地裁(足立勉裁判長)は27日、懲役26年(求刑・懲役30年)を言い渡した。

 2013年1月に福岡市博多区で起きた看護師刺傷事件について、判決は工藤会トップの野村悟被告(73)=同罪などで公判中=の指揮命令を認定。坂口被告は看護師を尾行し帰宅経路や自宅を突き止めるなどしたとし、「犯行遂行の重要な役割を担った」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. 増える経路不明「ぎりぎりの状況」 東京では感染者の半数以上 新型コロナ

  4. 飼い主から猫に新型コロナ感染 ベルギー 香港では犬の感染例

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです