メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜を見る会、IR汚職、閣僚辞任…あいまい答弁の首相 衆院予算委はヤジで大荒れ

衆院予算委員会でカジノを含む統合型リゾート(IR)事業への参入を巡る汚職事件について質問を聞く安倍晋三首相=国会内で2020年1月27日午後1時53分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相が出席して開かれた27日の衆院予算委員会。野党は立憲民主党などの5議員が、桜を見る会やカジノを含む統合型リゾート(IR)を巡る汚職事件など自民党議員らについての数々の疑惑を追及した。しかし、答弁の多くはこれまでの国会説明と同じで、首相が野党議員の過去の指摘に訂正を求めて「反撃」に出る一幕も。真相解明にはほど遠い論戦に、議場は度々、ヤジで大荒れとなった。

 桜を見る会の答弁を巡って、ヤジがひときわ大きくなったのは、黒岩宇洋氏(立憲)が質問に立った場面。黒岩氏は首相後援会主催で桜を見る会の前日に開かれた「前夜祭」について、参加者に会費5000円を上回る飲食などが提供されたとの疑いを改めて指摘した。これに対し、安倍首相は苦笑を浮かべながら…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです