特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「桜」資料4か月後に黒塗り公開 内閣府「次は軽々にいつと申し上げられません」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題の野党合同追及本部のヒアリングで内閣府から提出された大量の資料について担当者に質問する議員たち(奥)=国会内で2020年1月27日午後5時46分、川田雅浩撮影
安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題の野党合同追及本部のヒアリングで内閣府から提出された大量の資料について担当者に質問する議員たち(奥)=国会内で2020年1月27日午後5時46分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題で、野党の合同追及本部は27日も政府側に対するヒアリングを行った。内閣府はこの日、参院予算委員会理事懇談会に2013年度の桜を見る会の関係資料を提出。だが黒塗り部分が多く、野党議員は非公開とした理由の説明を求めた。主なやりとりは次の通り。【江畑佳明、古川宗】

この記事は有料記事です。

残り3281文字(全文3432文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集