メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

大阪国際女子マラソンを走る選手たちを見つめる三村仁司さん(手前)=2020年1月26日、小林悠太撮影

 陸上長距離界を席巻するナイキ製厚底シューズが話題となる中、26日の大阪国際女子マラソンで「非厚底」の松田瑞生(24)=ダイハツ=が2時間21分47秒で優勝し、東京五輪代表が有力となった。その足元を支えたのは伝説の靴職人、三村仁司さん(71)のきめ細かな対応だった。

 三村さんは、トップ選手の特注シューズを40年以上にわたり作り続けてきた。2000年シドニー五輪金メダルの高橋尚子さんや04年アテネ五輪金の野口みずきさんら最近の日本勢の五輪マラソンメダリストのシューズを全て担当。選手の足型を取り、選手に合わせて、左右でサイズや靴底の厚さを変える。右脚に比べて左が8ミリ長い高橋さんに、本人や関係者に黙って右の方が1・5ミリ厚い靴を提供して左右のバランスを整えたシドニー五輪での英断は語り草だ。

 外反母趾(ぼし)を抱える松田も大阪薫英女学院高時代から、三村さんのシューズを愛用。親指の付け根部分が広がっている特注品で、別メーカーのシューズに変える選択肢はなかった。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです