大関・豪栄道、引退意向固める 今場所で関脇への陥落決定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
初場所12日目、朝乃山に敗れて大関陥落となり、支度部屋で水を飲む豪栄道=2020年1月23日、吉田航太撮影
初場所12日目、朝乃山に敗れて大関陥落となり、支度部屋で水を飲む豪栄道=2020年1月23日、吉田航太撮影

 大相撲の西大関・豪栄道(33)=本名・沢井豪太郎、大阪府寝屋川市出身、境川部屋=が現役引退の意向を固めた。日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)が27日、明らかにした。師匠の境川親方(元小結・両国)から協会に伝えられたという。引退手続き完了後、正式に発表される。

 豪栄道は自身9回目の角番で臨んだ初場所は2019年九州場所で左足首を負…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

あわせて読みたい

注目の特集