メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

ピックアップ 癒されぬアメリカほか

『癒されぬアメリカ』(鎌田遵著・集英社新書)

 ■癒されぬアメリカ(鎌田遵著・集英社新書・1100円)

 米国でニューヨークなどの都市を旅しても先住民社会を直接知る機会はほとんど無い。現在、米国の先住民は総人口の0・9%にすぎず、居留地などで生活する人々が多いからだ。30年にわたり米国の先住民研究を続ける著者は、全土に点在する100を超える居留地を訪れ、現地の生の声を拾い上げてきた。「開拓者」に追いやられた先住民の今を生々しく描く。(敦)

 ■妄想とツッコミでよむ万葉集(三宅香帆著、相沢いくえ絵・だいわ文庫・770円)

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  5. ウーバーイーツ、広島上陸 中国初、国内11カ所目 50カ国語に対応 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです