メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

すたこら 理想と現実

 白い光が幕の裾からこぼれている。聞き覚えのある曲とともに幕が上がる。先日ある女性シンガー・ソングライターのライブに行った。スタンドの前から3列目でみる憧れの人は真っ白な光に照らされていて思わず涙があふれそうになった。周りにいるバンドメンバーの表情までありありと見える。彼らが舞台の上から見る景色はどんなに素晴らしいものだろうか。みな生き生きとして体を存分に動かしながら音楽を表現する姿は、心に来るものがあった。「こんな大人になりたい」

 中学生の頃は、テレビで見ていた青春ドラマの世界を夢見て、早く高校生になりたかった。高校生になると、つらい受験を乗り越えれば校則なんて無い自由な生活があるとわくわくした。それに比べて今はどうだ。社会への一歩からは遠ざかりたいと思うばかりだ。なぜだろう。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです