メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

聞いてみました SNSプライバシー事情 個人名公開7割、リスクも

安易にプライバシーをSNSにアップすると、思わぬ「落とし穴」が待ち構えているかも……(写真と本文は関係ありません)

 きょう28日は「データプライバシーの日」。最近、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)によるトラブルがニュースになっている。SNSを利用する大学生・大学院生100人を対象に、「SNSプライバシー事情」に関するアンケートを実施した。

 まず、どのSNSを利用しているか聞いた(複数回答、以下同じ)。利用者が一番多かったのは写真共有アプリ「インスタグラム」で、使用率は約8割。以下、ツイッターが約7割、フェイスブックが約2割と続く。

 利用目的は「気になったお店を知る」(昭和女子大1年女)、「知っている人同士で今何をしているか(を見る)」(千葉大2年女)と、インスタグラムやツイッターは情報検索や友人と経験を共有する目的で使用しているようだ。一方、フェイスブックは「社会活動に携わる方々とコミュニケーションを取るため」(大阪市立大大学院1年男)と公に発信する目的で使用する人が多かった。

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1175文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです