メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

聞いてみました SNSプライバシー事情 個人名公開7割、リスクも

安易にプライバシーをSNSにアップすると、思わぬ「落とし穴」が待ち構えているかも……(写真と本文は関係ありません)

 きょう28日は「データプライバシーの日」。最近、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)によるトラブルがニュースになっている。SNSを利用する大学生・大学院生100人を対象に、「SNSプライバシー事情」に関するアンケートを実施した。

 まず、どのSNSを利用しているか聞いた(複数回答、以下同じ)。利用者が一番多かったのは写真共有アプリ「インスタグラム」で、使用率は約8割。以下、ツイッターが約7割、フェイスブックが約2割と続く。

 利用目的は「気になったお店を知る」(昭和女子大1年女)、「知っている人同士で今何をしているか(を見る)」(千葉大2年女)と、インスタグラムやツイッターは情報検索や友人と経験を共有する目的で使用しているようだ。一方、フェイスブックは「社会活動に携わる方々とコミュニケーションを取るため」(大阪市立大大学院1年男)と公に発信する目的で使用する人が多かった。

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1175文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです